「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア » 水素のある暮らし。摂取方法まとめ » 水素を吸う

水素を吸う

水素を効率よく摂取する方法のうち、水素を気体のまま取り入れるのが水素吸引です。

吸引方法はいくつかありますが、ここでは自宅でもできる水素吸引器を使った方法と、水素吸引サロンを利用する方法を紹介します。

水素を吸う方法

水素吸引器

カバン

自宅に設置する水素吸引器や、持ち運ぶことができる携帯型のマシンを使って水素吸引を行う方法です。

水素を発生できる機器は様々なものがあり、自宅などへ据置するタイプなどは、本体価格が20万円以上するものもあります。

最近は外出先へも持ち運べる携帯型の水素吸引器が発売され、5万円前後で購入できるため人気が高まっています。

水素吸引器について
詳しく見る

水素吸引サロン

サロン

水素吸引サロンでは、水素吸引器を設置したサロンでくつろぎながら吸引することができます。

カニューレを装着して鼻から吸引しながら、1時間ほどリラックスできるので、仕事の合間などに仮眠を兼ねて通っている方も多いようです。

水素吸引サロンについて
詳しく見る

水素を吸うメリット

メリット

水素を気体のまま摂取することで、高濃度の水素を摂取できるのが、最大のメリットです。さらに、水素を発生させてすぐに吸引するので、無駄なく摂取することができます。

また、口や鼻から摂取すると、口や鼻の粘膜のすぐ下にある毛細血管からすぐに体内へ取り入れられるので、血流にのってすぐに全身に作用。効果が早く表れやすいのも水素吸引のメリットと言えます。

水素ガスの発生方法

発生方法

水素発生器の多くは、水を電気分解する方法で水素を発生させています。電気分解方式なら、発生させる機器と精製水さえあればいつでも水素を発生させることができます。

このほかに、熱分解方式や化学分解方式を採用した製品もありますが、価格も高く、機器のサイズも大きいため、水素吸入サロンなどでおもに使用されています。

水素水との違い

水素水

一時ブームとなった水素水。水で水素を摂取する方法は手軽にできると話題になりましたが、水に溶かすことのできる水素濃度は限られており、水素を含んだ状態で長期間保持することも難しいと言われています。

水素の健康効果が得られるかどうかは、水素がどれだけ含まれているのか、水素水の質に左右される部分が大きいので、確実性が低いと考えられています。