「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア » 水素のある暮らし。摂取方法まとめ

水素のある暮らし。摂取方法まとめ

水素を摂取する方法は、水素吸引のほかに水素水やサプリなどいくつかありますが、それらの摂取方法について特徴や違いなどについて解説します。

水素を吸う

水素吸引

水素吸引

水素発生器で発生させた水素を気体のまま鼻や口から摂取する水素吸引は、最も確実で水素の効果を実感しやすい方法として注目されています。

鼻や口から摂取することでいち早く水素を体内へ取り込むことができて、全身に素早く行き届きます。

水素を吸う方法を
詳しく見る

水素を飲む

水素水

水素水

水素水は、水素が含まれた飲料水を飲むことで、消化器官から水素を摂取するもの。ウォーターサーバーやアルミボトルに入って販売されているものなど様々なタイプがあります。

しかし、水素水の品質や性能を確認する規格が決まっていないのが現状です。種類がたくさんあるだけではなく、含まれている水素の量も様々です。

水素は不安定で軽い気体のため、ペットボドルなどに入れておくと空気中に逃げてしまい、水分の中にはほとんど残りません。

水素水で水素を摂取したい方は、利用する時点で残存している水素量が確認できる商品を選ぶ必要があります。

水素サプリ

水素サプリ

水と反応すると水素を発生させる性質を持つ、マグネシウムやカルシウムなどを使ったサプリメントや、水素をそのままカプセルに閉じ込めた商品などもあります。

手軽に摂取できるという利点はありますが、確実に水素を摂取できるという確証がありません

食品添加物に対する懸念もありますし、過剰摂取によって引き起こされる健康被害などの危険もあります。

水素風呂

水素風呂

お風呂に水素発生装置をつけたり、水素を発生させる入浴剤などを入れて、浴槽内に水素を満たして入浴する方法です。

主にお肌に対する美容効果、アンチエイジング効果を期待して行うものですが、こちらも水素水と同様に含有する水素の量が確実ではありません

中には、安全性に不安がある商品も含まれているため、使用時に火傷を負った事例なども報告されています。

水素吸引・水素水・サプリ・水素風呂の違い

疑問

摂取できる水素の濃度

水に含ませることができる水素の量や濃度には限度がありますから、水素水から摂取できる水素の濃度はそれほど期待できません。

水素吸引の場合は、高濃度水素を発生できるものを選ぶことで、高濃度のままの水素をそのまま取り込むことができて確実です。

摂取できる水素の量

水の中に含有できる水素量は限られており、ほんの少ししか保持していない上に、すぐに逃げてしまうため、水素水や水素風呂で摂取できる水素量も限られてきます。

その点、水素吸引なら、気体のまま鼻や口から水素を摂取できるので、より多くの水素を確実に体内に取り込むことができます。

水素の健康効果が表れる速さ

水素吸引で鼻や口から水素を摂り入れる方法の場合、鼻や口の粘膜のすぐ下にある毛細血管からすぐに体内へ取り入れられます。

水素水などのように消化器官から取り込むよりも素早く全身に水素が届けられ、健康効果を早く実感できると言われています。