「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア » 水素吸引とは?基本情報を解説します » 危険性・副作用

危険性・副作用

このページでは、水素吸引による副作用や危険性について解説します。方法を間違えれば、体への悪影響が出る危険性も否めません。

水素を吸引する健康法は、体への効果が期待できる代わりに、副作用も考えられます。

水素吸引の危険性

温度計

マシンによって水素の発生方法が異なりますが、中には水を600℃や700℃の高温に熱したり冷却したりして水素を発生させるものがあります。

危険がないよう配慮はされていますが、機械の性能や使用法が間違っていたりすれば、事故が発生する可能性はゼロではありません。

水素吸引の副作用

サロン温度計

水訴吸引の副作用については、水素を吸うだけで何らかの症状が表れることは少ないと言われています。

水素吸引サロンで長時間にわたって水素だけを吸い続けることで酸欠になる可能性は考えられるので、吸引する酸素と水素の割合を調整しなければなりません。

鼻から吸うか、口から吸うか

呼吸

口から吸引した場合、口の中の粘膜には微細な毛細血管があり、この小さな血管から水素分子は血流に入り込むことができます。

消化器官から体内に吸収されるより早く、粘膜から吸収されて体の各所へ運ばれるため、効果を素早く実感できるのです。

鼻から吸引した場合は、鼻腔の粘膜の下に毛細血管があり、スピーディーに水素を取り込めると言われています。

また、門脈を通らずに体を循環する血流に吸収されるので、全身への効果が高いと言われています。

水素の有効濃度

化学

気体で水素を吸引する場合、効果が表れるには濃度が1%以上であるとされていて、それ以下の濃度であると、あまり効果が期待できなくなってしまうとされています。

医療行為としての水素吸引

医療

水素ガスを使った治療は、心停止後の患者さんの脳へのダメージを軽減させるために、先進医療として平成28年に承認されました。

これまでは、心停止後症候群といわれる状態の患者さんに対し、体温を低い状態に保つことで脳のダメージを食い止める体温管理療法がおこなわれていました。

しかし、水素吸引を利用する治療法では、2%の水素ガスを18時間吸引させる方法を採用。この方法によって、患者さんの社会復帰率を高める効果があると期待されています。