「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア » 水素吸引とは?基本情報を解説します » 価格

価格

定期的に水素を取り入れるためには、摂取する際のコストの面も考えなければなりません。そこで、摂取方法の違いによってどの程度の費用の差があるのかを調べてみました。

水素は一度に大量摂取しても体内へ蓄積しておくことができないため、できるだけ毎日決まった量を摂取することが望ましいとされています。

携帯型水素吸引器の相場

カバン

自宅でも外出先でも手軽に水素吸引ができる、ポータブル型の水素発生器。

機械で水素を生成できるマシンタイプと、使用するごとに水素のカートリッジを入れ替えるタイプがあります。

機械で水素を生成するタイプ

携帯型の機械で水素を発生するタイプの場合は、本体価格は5~6万円以上となりますが、カートリッジは必要ないのでランニングコストが安くて済むのが特徴です。

カートリッジを入れ替えるタイプ

カートリッジタイプの場合、本体そのものは安価となり1万円前後で購入できますが、定期的にカートリッジを購入する必要があり、1か月分で1万円以上かかる場合もあります。

本体はカートリッジの費用も含めて考える必要があるといえるでしょう。

据置型水素吸引の相場

家

自宅で水素吸引をしたい人のために、据置型の水素発生器も販売されています。

水素水を同時に生成できるものなど様々なタイプがあり、2万円程度の安価なものから20万円以上するものまで幅広くあります。

水素吸入サロンの相場

サロン

高濃度の水素を吸引しながらリラックスできる水素サロン。1時間3000円から4000円前後で利用できるところが多いようですが、毎日利用するにはコストが高いことがデメリット。

定期的に利用したい方のために回数券などを用意しているサロンもあります。

水素吸引のランニングコスト

財布

自宅で使える据置型の水素発生器などは、カートリッジや水素のパウダーなどを定期的に購入する必要があります。

カートリッジは1か月単位で購入することが多いのですが、1か月5000円前後のものから、2万円くらいかかるものもあります。

水素吸引のメンテナンス

メンテナンス

安全に効果的に水素を発生するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

水素を発生するマシンはタンクがついているものが多く、2~3か月に1度など定期的に洗浄や交換が必要となります。

交換の際には費用がかかりますし、洗浄も手間がかかることがありますから、注意が必要となります。