「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア » 水素吸引の効果を検証・解説します » 健康 » 睡眠不足

睡眠不足

健康や美容の礎となる睡眠は、不眠などで睡眠不足になると身体面や美容面だけでなく、メンタル的な不調にもつながるので要注意です。

ここでは、水素吸引によるうれしい効果と、その仕組みについて詳しく解説していきます。

水素がもたらす睡眠への効果

ぐっすりと眠れるようになる

睡眠

自律神経には交感神経と副交感神経があり、良い睡眠には、しっかりと副交感神経を活動させることが大切です。しかし、現代人の生活は不規則になりがちなうえ、疲労やストレスが大きすぎるとうまく副交感神経に切り替わらない場合があります。

交感神経が優位のままだと、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりで、不眠の原因になります。

そんなときに効果的なのが水素吸引。水素には脳をリラックスさせて副交感神経を優位にする効果があるため、就寝前に摂取すると睡眠の質がアップ。スムーズに入眠できる可能性が高まり、深い眠りを得ることができます。

朝の寝起きが良くなる

寝起き

朝の目覚めが悪い、その原因のひとつは睡眠の質です。良質な睡眠を取れていないと疲労が十分に抜けず、寝起きが悪くなってしまいます。

睡眠の質を高めるには、副交感神経を優位にしてノンレム睡眠(深い睡眠)を得ることがポイント。水素を吸引すると副交感神経が活性化し、ノンレム睡眠に入りやすい環境となります。

ノンレム睡眠は脳の休息状態で、大脳皮質の神経細胞のメンテナンスが行われると考えられています。レム睡眠とノンレム睡眠を規則正しく繰り返し、脳を覚醒させる準備が整うことで、朝スッキリ快適に目覚められるようになるのです。

起床時から体が軽い

運動

睡眠を取っても疲労が抜け切らず、朝から体が重い…というケースは多いもの。疲れが回復していないと日中もだるさや眠気に襲われ、仕事・家事・勉強がままならくなります。

睡眠で大切なのは深い眠りであるノンレム睡眠を取り、脳と体をしっかり休ませること。

あわせて水素吸引による脳疲労・ストレスの低減効果により、睡眠中の脳の中枢機能の改善・回復が行われ、翌日の活動に備えることができるのです。

水素の睡眠へのはたらきを解説

副交感神経を活性化させる水素のはたらき

時計

過度なストレスや疲労で神経が興奮していると交感神経から副交感神経への切り替えがうまくいかず、「ふとんに入っても寝付けない」「寝ても寝た気がしない」といった状態に陥ります。

これが、不眠や睡眠不足の主な原因。質の良い睡眠を取るには交感神経の働きを抑制し、副交感神経を活性化する必要がありますが、この効果を持っているのが水素なのです。

水素水は睡眠の質向上に効果的

飲む

大阪市立大学で行われた臨床試験では、一般健常者26人を2つのグループに分類し、一方には水素水(0.8ppm~1.2ppm、1日300ml)、もう一方に普通の水を4週間飲んでもらったところ、水素水を飲んだグループに睡眠の質向上に効果が見られたとのこと。

水素吸引には脳をリラックスさせるはたらきがある

リラックス

また、書籍「水素を吸えば「脳」が変わる」では、『水素には副交感神経活動を活性化させて脳をリラックスさせる働きがあります。副交感神経が活性化していると深い眠りであるノンレム睡眠に入りやすくなるため、心身の疲労を回復する質の良い眠りを取ることができるのです。』と、水素の睡眠への効果が分かりやすく紹介されています。

引用した論文・書籍

  • 論文:高濃度水素水が日常生活疲労に対する抗疲労効果を有することを立証
  • 著者:大阪市立大学大学院医学研究科、健康科学イノベーションセンター、メロディアン株式会社、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター
  • 概要:一般健常者26名(女性13名・男性13名、 20~48歳)に対し、起床時と夕食時に高濃度水素水またはコントロール水300ml1日計600mlを4週間摂取してもらうクロスオーバー二重盲検比較試験を実施。その結果、ピッツバーグ睡眠質問票による睡眠の質が4週間の摂取後に有意に改善。心電図と脈波の同時計測装置(疲労度計)を用いて自律神経機能を評価したところ、交感神経活動の指標値(LF)が高濃度水素水摂取群においてのみ、摂取前後で有意に低下したことが分かりました。
  • 書籍:水素を吸えば「脳」が変わる
  • 著者:竹原タカシ、矢田幸博教授(監修)
  • 概要:筑波大学大学院の矢田教授監修のもと、水素が脳ストレスを軽減する仕組みを科学的に証明、解説。水素を継続的に吸引することが、若々しい体づくり・運動機能向上・意欲アップといった効果につながることを科学的なデータの裏付けにより提示しています。