「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア » 水素吸引の効果を検証・解説します » 健康 » 疲労回復

疲労回復

疲労回復にはエネルギーが必要であり、水素にはそのエネルギー生成を助ける働きがあると言われています。

また、脳疲労の回復効果も明らかとなった水素吸引。ここでは、水素の疲労回復について詳しくまとめてみました。

水素がもたらす疲労回復の効果

疲労回復に必要なエネルギー代謝をアップ

女性

溜まった疲労を回復するにはエネルギーが必要不可欠。このエネルギー生成を体内で請け負っているのが、細胞内にあるミトコンドリアです。ミトコンドリアは体内酸素を利用してエネルギー源を作り出しますが、その過程で活性酸素も発生させます。

活性酸素は通常であれば体内の抗酸化物質で無害化できるのですが、食事や運動といった生活習慣が乱れると、その作用がダウン。

活性酸素を除去しきれなくなってエネルギー代謝が低下したり機能が低下すると、疲れやすくなり糖尿病など、さまざまな病気のリスクが上がります。

活性酸素の中でも、もっとも酸化力が強く細胞膜や細胞内の核、ミトコンドリアのDNAを傷つけるヒドロキシラジカルを選択的に還元するのが水素です。

水素はもっとも小さな物質であり拡散性も高いことから、細胞内部まで浸透し、活性酸素種に直接作用することが可能とされています。

水素によって活性酸素が除去されることで、ミトコンドリアの機能が向上、エネルギー代謝も高まり疲労回復速度がアップします。

全身の機能を低下させる脳疲労を低減・緩和

実験

水素吸引によって脳疲労が低減・緩和することが臨床実験によって確認されています。脳疲労とは、筋肉も使いすぎると筋肉疲労が起こり筋肉が動かなくなるように、脳も使いすぎることで疲労し、正常に機能できなくなります。

ここでは、水素吸引の研究を重ねているアクアバンクで行った実験、脳疲労や脳の活性度を計測するために開発された「フリッカーテスト」の結果を見ていきましょう。

光の点滅を視認する能力を測るフリッカーテストでは、脳が疲労していない時は高い周波数の点滅を視認できますが、活動が低下すると、低い周波数でないと視認できません。

脳が疲労しているとき、目では点滅をとらえることができても、視覚情報を処理する大脳皮質の機能が鈍っているため、認識できないということです。

そこから水素吸引前後でこのテストを行ったところ、フリッカー値が優位に上昇するという効果が見られました。つまり水素を吸引した後は高い周波数でも視認できることから、脳疲労が低減したと言えるのです。

疲労回復の「即効性」も期待できる?

手

疲労回復には、サプリメントやマッサージ、温泉や睡眠などさまざまありますが、実際に疲労が回復されるまでにはある程度の時間が必要です。

また一般的な健康法は、体内の活性酸素を抑制することで細胞の酸化を防ぎ、自然治癒力を高めることを目的としています。つまり、傷ついた細胞が修復されて効果が現れるためには、相当の時間が必要となるのです。

しかし、上述の脳疲労回復の効果を立証する実験によると、水素吸引後ほんの数分で効果が現れています。となると、短時間で活性酸素が低減されたというよりも、水素は脳に直接作用する効果があることが仮説として考えられます。

水素の疲労回復へのはたらきを解説

疲労回復には活性酸素の除去が必須

疲労

毎日の仕事・家事・学業・スポーツなどで最高のパフォーマンスを発揮するには、日々の疲労回復が欠かせません。しかし、年齢とともに疲労回復スピードは徐々にダウン。

なかなか疲労が抜けないといった状態になり、持っている力を存分に発揮できなくなってしまうのです。その原因のひとつとなっているのが活性酸素。

活性酸素を除去して細胞が正常に機能できれば、エネルギーが十分に生産されて疲労もスムーズに回復。毎日をイキイキと過ごせるようになると考えられます。

筋肉疲労の改善効果を持つ水素のはたらき

運動

水素の活性酸素除去効果と疲労回復効果については、すでにさまざまな論文や研究で発表されています。そのひとつが、筑波大学大学院・兵庫医大との研究によって報告された研究論文です。

この研究では、ハードな運動を行うトップアスリートが水素水を飲用することで効果を検証しました。その結果、激しい運動前の水素水飲用は筋肉疲労の改善効果を持つことが分かったのです。

また、筑波大学スポーツ科学の論文では、「水素水の飲用により、運動後の乳酸値の上昇が抑制。筋疲労が低減された」とあります。以上の研究によると、運動後の筋疲労だけでなく、ごく普通の生活を送る人の日常的な疲労回復効果も認められたとのことです。

脳疲労の回復効果を持つ水素のはたらき

リラックス

また、水素吸引によって疲労感やストレス意識が低減するとともに、爽快感や意欲が上昇するといった、心理的な効果も観察されました。

脳が疲労するとネガティブな感情にとらわれ、集中力や意欲が損なわれるなど、精神の健康にも支障が出ていきます。

しかし、水素吸引をすることで、「なんとなく疲れが取れない」といった慢性疲労の一因である脳疲労を回復することができるほか、パフォーマンスやモチベーションアップにも効果的とされています。