「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア » 水素吸引の効果を検証・解説します » 健康 » 腸内環境

腸内環境

正常な消化吸収や免疫を司る腸内環境。この腸内環境が乱れると体調を崩しやすくなり、パフォーマンスの低下につながります。

ここでは水素が腸内環境にもたらす影響と仕組みについて解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

水素がもたらす腸内環境への効果

活性酸素による腸の老化防止

お腹

腸内環境が悪化すると悪玉菌が増長し、その悪玉菌がさらに大量の活性酸素を発生させ、善玉菌の働きが落ちます。

消化吸収機能が低下するだけでなく、老廃物・毒素・細菌・発がん性物質といった有害物質が蓄積しやすくなり、腸の老化やさまざまな病気の引き金となることがあります。

腸内環境を整えるには乳酸菌が有効ですが、これに抗酸化物質である水素を組み合わせるとさらに◎。腸内の活性酸素を除去し、腸内環境を改善へと導いてくれます。

ストレスの軽減による便秘改善

トイレ

便秘とは、一般的に1週間に排便が2回以下、または3日以上連続で排便がない状態を指します。便秘の原因にはさまざまなものが考えられますが、そのひとつが自律神経の乱れです。

ストレスや疲労によって自律神経が乱れると、腸の働きが悪くなって便秘を起こしやすくなります。便意は自律神経のひとつである副交感神経が司っているため、便秘を解消するには水素のリラックス効果が有効です。

水素を吸引することで副交感神経がすみやかに優位となり、腸の動きが活性化。便秘改善につながります。

リラックス効果による腸機能の安定化

リラックス

緊張でお腹が痛くなる、環境が変わるとお腹の調子が悪くなる、というケースは多いもの。これは、腸と密接にかかわっている自律神経の乱れによって起こる症状と考えられます。

自律神経が乱れると腸の働きが悪くなり、腹痛・下痢・便秘などのトラブルが発生しやすくなるのです。

そこで注目されるのが水素の効果。水素吸引を行うと脳がリラックスし、自律神経の働きが正常化。腸の正常な機能がキープされるようになり、胃腸のトラブルが低減します。

水素の腸内へのはたらきを解説

腸内環境の悪化は全身のトラブルを引き起こす

女性

生活習慣・疲労・ストレスなどによって、簡単に乱れてしまう腸内環境。腸内環境が乱れると便秘・腹痛といった症状だけでなく、肌荒れ・免疫力低下・アレルギーといったトラブルも起こりやすくなります。

このように、腸内環境の乱れが全身のトラブルへとつながるのは、活性酸素が腸内で発生しやすいことが原因だといわれています。腸内環境が悪化し悪玉菌が増えることで、活性酸素も増えていきます。この発生した活性酸素が原因となり、体の不調を引き起こすのです。

腸機能と深くかかわる自律神経を整える

研究

次に、腸機能と深くかかわっている自律神経の安定化です。水素には脳のストレスを和らげて、副交感神経を優位にする働きを持つため、摂取することで腸内環境を良好に保つ効果が期待できます。

自律神経と水素の関連性については、水素吸引の研究を重ねる株式会社アクアバンクと筑波大学大学院との研究で検証済みです。

研究では、健常女性に水素吸引をしてもらったところ、『心理的には疲労感およびストレスの低減、生理的には交感神経活動の抑制による鎮静効果の発現が見られた』とのこと。

引用した論文・書籍

  • 論文:水素ガス吸引時の心理生理的効果の検証
  • 著者:株式会社アクアバンク、矢田幸博教授(筑波大学大学院 統合生理学)監修
  • 概要:都内在住20~30代健常女性を対象に、水素吸引を実施。吸引後にリラックス度を計測する検証を行ったところ、瞳孔の収縮を測る縮瞳率(CR値)と手の指先の温度(末梢皮膚温)の数値において、吸引後は副交感神経が優位となり鎮静効果(リラックス効果)が示唆されました。