「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア » 水素吸引の効果を検証・解説します » 美容 » ヘアケア

ヘアケア

白髪・くせ毛・ごわつきといった髪の毛の悩み。ここでは水素がヘアケアに役立つ理由と仕組みをまとめたので、チェックしてみてください。

水素がもたらす髪への効果

ダメージヘア・薄毛を防ぐ

ダメージヘア

切れ毛や枝毛などのダメージや、薄毛の要因となる毛母細胞が傷つき働きが弱まるのは、紫外線や整髪料などに含まれた化学物質が毛内の水分と反応し、活性酸素が発生することが原因だと言われています。

水素は高い抗酸化作用を持つため、この活性酸素を除去。活性酸素が減少することで、ダメージヘアや薄毛の改善が期待できます。

過酸化水素を除去して白髪を防ぐ

白髪

また、白髪の原因は、髪を黒くするメラニンを作り出すチロシナーゼという酵素を破壊してしまう過酸化水素(活性酸素の一種)だと言われてます。

水素吸引をすることで、過酸化水素を分解して髪が白くなるのを防ぐ抗酸化酵素を増やすことができます。

自律神経を整え、頭皮の血行を促進する

リラックス

自律神経が乱れることで、血管の収縮という悪影響が生じます。細い血管である毛細血管が収縮してしまうと、髪にも良くない影響を与えます。

頭皮周辺の血管はほとんどが毛細血管であり、毛細血管が収縮することで頭皮に充分な血液が行き渡らずに栄養不足に陥り、髪が細くなったり抜け毛の原因に。

水素を吸引することで副交感神経が優位となり、交感神経が優位になりがちな環境を改善。副交感神経を優位にするタイミングも作って、バランスを整えることが大事になります。

水素の髪へのはたらきを解説

水素が体内の活性酸素を無害化・排出

手

さまざまな美容効果で注目されている水素ですが、ヘアケアへの効果も期待大。

白髪・クセ毛・薄毛といったトラブルは、髪や頭皮で発生する活性酸素が原因であると考えられているからです。

水素は体内の活性酸素を無害化・排出してくれるため、髪のたんぱく質や毛母細胞が傷つくことが少なくなり、健康的な髪が守られます。

副交感神経が優位となり、血流量も増加

研究

水素吸引によって副交感神経が優位になることが、臨床実験によって明らかとなりました。

実験によると、抹消皮膚温の上昇や、瞳孔径計測による縮瞳率の上昇が確認され、水素吸引による副交感神経の活性化が認められています。

ストレスがかかる状態では交感神経が優位となり、心臓や脳など重要な役割を担う部分に血液を集めようとします。

それが水素吸引をすることによって、副交感神経が優位となるため、皮膚組織の血液量が増加して、頭髪への栄養も行き渡るというわけなのです。