「水素吸引」のある暮らし。これからの健康を考えるメディア

水素は「飲む」より
「吸う」時代。

水素を体内に取り入れる方法のなかでも、厚生労働省に先進医療Bとして認められているのは「水素ガス吸引」だけ。このサイトでは、もっとも効率的に水素を摂取できる水素吸引について、健康や美容といった観点から詳しく紐解いていきます。

水素ガス吸入は、
先進医療Bとして
承認されています

2016年11月、「水素ガス吸入療法」が、厚生労働省の先進医療Bとして認められました。「水素ガス吸入療法」とは、心筋梗塞などで心肺停止状態になった患者に対して、寝たきりなどの後遺症を減らすことを目的に水素ガス吸入を行う治療法。慶応大学など全国12の医療機関が始めています。

先進医療とは、厳しい審査基準のもとで、安全性・有効性・必要性が認められた一定の実績のある治療法のみが認可されるもの。そのため、先進医療Bに承認されたことは、水素吸引の健康への有効性を国が高く評価したともいえるのです。

また、医療現場の「水素ガス吸入療法」と方法は異なりますが、最近では健康や美容を目的とした水素吸引サロンや、日常的に持ち運べる水素吸引器も種類がそろってきています。

先進医療B「水素ガス吸入療法」

適応症:心停止後症候群(院外における心停止後に院外又は救急外来において自己心拍が再開し、かつ、心原性心停止が推定されるものに限る。)

概要:成人院外心停止後患者のうち、自己心拍再開後も昏睡が持続する患者を対象とし、集中治療室で18時間2%水素添加酸素を人工呼吸器下に吸入する。この間、ガイドラインに準拠した集中治療を行う。主要評価項目は90日後神経転帰良好の割合とし、副次的評価項目は90日生存率、生存期間、modified Rankin Scale(mRS),GCS,およびMini-MentalState Exam (MMSE)とする。

参照:先進医療の各技術の概要 |厚生労働省

水素吸引の効果を検証・解説します

健康や美容に強い関心を持つ人々の間で、高い人気を集める水素吸引。これまでは、クリニックやサロンなどに出向いて行うのが一般的でしたが、今は手軽なポータブルタイプの水素吸引具が登場しています。

手のひらサイズの小さな水素吸引器なら、毎日欠かさず自宅でもオフィスでも水素吸引が可能に。継続して水素を摂取し続けることによって、どんな効果が得られるのか、水素吸引のある暮らしを想像してみましょう。

美容

スキンケア
スキンケア

スキンケア

ツヤやハリのある、美肌を保つためのスキンケア。主なケアとして洗顔・パック・エステなどが挙げられますが、新しい美容法として注目されているのが水素吸引です。

水素は肌荒れなどトラブルの原因となる活性酸素を除去し、健康的で美しい肌づくりをサポート。抗炎症作用もあるため、ニキビ予防にも効果的です。

アンチエイジング
アンチエイジング

アンチエイジング

身体機能や肌の老化スピードを抑えるアンチエイジング。老化の原因は抗酸化酵素の分泌量が減少し、細胞の劣化が進むためだと言われています。

水素吸引は、水素の抗酸化パワーでアンチエイジングにも効果的。合わせて自律神経を整えるはたらきから健康的な生活リズムになり、肌のターンオーバーが整うことで、美肌の維持も期待できます。

ヘアケア
ヘアケア

ヘアケア

髪の毛の痛み・白髪・クセ毛といったトラブル。年齢とともに増えやすい問題ですが、これらの予防・改善にも水素吸引が役に立ちます。

皮膚と同じく、ストレスや疲労によって悪化する髪の毛のお悩み。水素吸引によって副交感神経が優位に働くことで皮膚温が上昇し、頭皮の代謝が促されると言われています。

ダイエット
ダイエット

ダイエット

ダイエットの要となる基礎代謝。この基礎代謝をアップさせるには、代謝機能の妨げとなっている活性酸素を取り除くことが重要です。

水素は、体内に取り込まれてすぐに活性酸素と結びつく性質があり、体外への排出を促してくれるので、ダイエットにも効果的。なかなかダイエット効果が出ない…と悩んでいる方は必見です。

健康

疲労回復
疲労回復

疲労回復

多くのストレスや病気は、脳疲労で起こる自律神経の乱れによって誘発されるといわれています。そこで、疲労回復やモチベーションの向上といった効果が得られる水素吸引の出番です。

水素吸引で、脳疲労を回復することで全身のはたらきが整うため、疲労回復に効果的。さらには、生活習慣の見直しも同時に行うことで、心身の変化として早く感じられるでしょう。

風邪予防
風邪予防

風邪予防

風邪を予防するには、体の免疫力を高めることが大事。しかし、忙しくて十分な栄養や睡眠がとれない…という人は多いのではないでしょうか。

そんなときも、手軽な水素吸引がおすすめ。水素による疲労・ストレス軽減効果で、全身の機能を回復。体内リズムを整えて免疫力を高め、風邪を引きにくい体質へと近づけてくれます。

睡眠不足
睡眠不足

睡眠不足

「なかなか眠れない」「眠りが浅い」「スッキリと朝目覚められない」、といった悩みはありませんか?

睡眠にまつわる問題は自律神経が大きく関与していますが、水素には交感神経の興奮を鎮め、副交感神経を優位にさせて脳をリラックスさせる効果があります。

睡眠の質を高める就寝前の水素吸引は、これからの常識になるかもしれません。

腸内環境
腸内環境

腸内環境

腸内の悪玉菌が増えると、腸内環境が乱れて免疫や消化吸収機能がダウン。便秘・下痢・腹痛といった問題が起こりやすくなります。

良好な腸内環境をキープするには、水素吸引によって自律神経を整えることが大切。便秘などの悩みも解消されると言われています。

花粉症・アレルギー
花粉症・アレルギー

花粉症・アレルギー

水素には、辛い花粉症やアトピー性皮膚炎のようなアレルギー疾患を抑制する効果があるとされています。

活性酸素がアレルギー反応による炎症を助長するため、水素のはたらきによって活性酸素を抑制できれば、炎症を鎮めることができるというわけです。

水素吸引する方法を
まとめました

国内外のさまざまな医療機関や研究者によって、あらゆる角度からの研究が進められている水素吸引。ここでは、水素吸引をする方法や水素吸引について学べる書籍についてまとめています。

水素療法クリニック

水素療法クリニックとは、水素ガスの吸入によって症状改善を図る治療方法を行っているクリニックのこと。

使用される目的は多岐にわたり、総合病院だけでなく個人クリニックでも取り組んでいるところがあります。

慶応義塾大学病院のケースを例にとると、心停止に伴ってダメージを受けた脳に水素を供給することで、脳機能の損傷をできるだけ軽減することを目的としています。

水素吸引サロン

水素吸引サロンで行う水素吸引はもちろん医療行為ではありませんが、美容や健康などを目的として、足しげく通う人も増えています。

コースの所要時間は30分や60分に設定されているものが多く、60分コースで1回3,000円から5,000円あたりが相場です。

利用者はソファやリクライニングシートに座って、リラックスした状態で水素を吸引します。

水素吸引器

水素吸引器は、一般家庭で購入して、メンテナンスも含めて手軽に利用できるものを意味します。

タイプは携帯型と据置型の2種類。前者はコンパクトかつ比較的安く、毎日の持ち歩きもできるなど、今のトレンドともいえる商品。

手軽に自分のタイミングで水素吸引ができるため、無理なく続けたい人にはぴったりの水素吸引方法です。

水素関連書籍

水素が人体にとってどんな役割を果たすのか、まずはそのメカニズムを知っておくのに役立つのが水素関連書籍。

複数の書籍を読み比べることで、それぞれの主張のポイントや、水素生成器を選ぶ際の比較検討ポイントにもなります。

水素吸引器の製造・開発に携わっている著者や、医学関係者らが執筆や監修をしている本を選ぶことがポイントです。

水素吸引とは?
水素吸引の基礎知識を解説します

水素吸引とは、鼻や口から水素を吸うことで、体内に水素を取り入れる方法のこと。水素を摂取する方法には水素水やサプリメントなどがありますが、もっとも高濃度の水素を短時間で取り込めるのが水素吸引です。

また、水素は体内に貯めておくことができないため、こまめな摂取が必要です。ポータブル型水素吸引具なら、どこでも手軽に持ち運べて、いつでも摂取できるため、効率的に水素を摂れます。

水素吸引の基礎知識

はたらき

水素吸引によって取り込まれた水素は、分子が非常に小さいため細胞のすみずみまでスピーディーに浸透。

いたるところで発生している活性酸素と結びついて水になり、汗や尿として体外へ排出してくれます。

価格

水素吸引器は、ポータブルなら1~4万円ほど、家庭用の据え置きタイプだと15~35万円ほどと幅広い価格帯

ただし、価格より重視すべきなのが、水素の濃度。安定して高濃度の水素が発生するものを選びましょう。

頻度・回数

水素吸引の回数は、1日4~6回ほどが目安としているものや、週に1~2回ほどを目安としたものがあります。

吸引のタイミングは、就寝前・起床時・仕事中の気分転換など、ストレスや疲労の感じる場面がおすすめです。

メリット・デメリット

水素吸引は、水素水やサプリと違って過剰摂取の心配がありません

口や鼻から吸うだけで高濃度の水素を逃さずに吸引でき、浸透が早いので効果をすばやく実感できます。

危険性・副作用

副作用、危険性ともに少ないと言われている水素。水素吸引は正しい使用方法と使用頻度を守ることで、安全に使用できます。

それでも吸引の仕方を間違えば、思わぬ事故につながることもあるため、解説していきます。

水素のある暮らし。
摂取方法をまとめました

さまざまな関連商品が増え、生活に取り入れやすくなった水素。ここでは、水素の摂取方法とそれぞれの特徴をまとめてみました。これから水素を使ってみようと思っている方、すでに使っている方、どちらの方もぜひ参考にしてみてくださいね。

水素を吸う。

水素吸引

水素を摂取する方法の中でも、気体の水素を吸引する水素吸引。水素ガスを発生させる装置には、熱分解方式と電気分解方式、化学反応方式などがあります。

熱分解方式は、加熱して出た水蒸気へさらに熱を加え、水素と酸素に分解させて水素を発生させる仕組み。価格も高く、機器のサイズも大きいため、水素吸入サロンなどでおもに使用されています。

そして、化学反応方式は、水素を吸蔵させたパウダーなどを水で反応させて都度水素を発生させる仕組み。吸う回数を多くするほど、消耗品に対するコストが高くなるデメリットがあります。

電気分解方式は、水に電気を流すことで水素と酸素の電気分解を起こす仕組み。乾電池程度のエネルギーで水素をつくれるので、軽量でコンパクトな携帯型水素吸引器を可能にしました。

また、ボタンを押すだけで水素を含んだ気体が発生する仕組みなので、水素そのものを手軽に摂取することができます。

水素を飲む。

水素水

生活に水素を取り入れる方法として、ごく一般的な水素水。水素が含まれた水を飲むことによって、消化器官からの摂取を目的とし、飲用による全身への効果が期待されています。

手軽に摂取できると人気ですが、水素水については国の基準であるJIS規格がありません。つまり、品質や性能、安全性などの規格基準が定まっておらず、製品によって含有量もさまざまなのです。

さらに、水素は微細で軽い気体であることから、水素水のまま放置すれば時間とともに空気中に分散し、水分中の濃度が低下。水素の効果を得るためには、できるだけ継続して飲用することが大切です。

水素風呂

水素風呂

浴槽内に水素を発生させる入浴剤や、専用の発生装置を使ってつくる水素風呂。水素風呂に入ることで、皮膚だけでなく鼻や口からも水素を取り込めるため、大量の摂取が期待できます。

おもに皮膚組織へのアンチエイジング効果が期待されていますが、水素水同様に含有量については製品によって異なるため、科学的根拠が立証されたものを選ぶ必要があります。

また、水素発生時の安全性にも注意が必要なため、思わぬトラブルに合わないためにも、使用者自身が水素についての知識を身に着けることが求められます。